複数拠点の管理に特に有効|スマートフォンでも利用できる社内SNSの導入を計ろう
オフィス

スマートフォンでも利用できる社内SNSの導入を計ろう

複数拠点の管理に特に有効

男女

リアルタイム管理できる

従業員が多数存在する場合その勤怠管理に頭を悩ませる場合があります。月末で勤怠状況や出勤状況を締め切りしたのちに次の給与の支払いまでの期間に確実に給与金額を算出する必要があるのです。給与計算になりますので、間違いは絶対に許されないのです。かつてはタイムシートや勤怠管理簿などを使用して個々人に記入してもらったシートを回収して勤務時間の計算を行っていましたが、最近では勤怠管理もクラウドを利用するケースが増加しています。特に複数拠点を持ちながら、人事のとりまとめは本社のみで行っているようなケースです。勤怠管理を機械で行う事でリアルタイムの管理をすることができます。クラウドになりますので上長の承認機能や人事の確認機能などを設けることが可能になるのです。

経理部門との連携

クラウドにする事でのメリットは他にもあります。人件費コストは経理面で最も割合が多いものです。経理部門と連動することで人件費の確定分やこんごの予測を連動させることが可能になるのです。経理では、営業部門から連携された売り上げ情報や生産部門から連携された必要経費の情報、そして人事から連携された人件費情報を取りまとめ、最終的に経営層に売上、コスト、利益率を報告する必要があります。これをクラウドサービスに連動させることでリアルタイムに管理することが可能になるのです。ビジネスのスピードは確実に向上しており、今月の未達をどのようにリカバリーするのかは瞬時に判断しなければなりません。その意味においてもクラウド勤怠管理は重要な位置づけなのです。