大きく変化する会計|スマートフォンでも利用できる社内SNSの導入を計ろう
オフィス

スマートフォンでも利用できる社内SNSの導入を計ろう

大きく変化する会計

PCを触る人

会計を取り巻く環境

日本の会計制度を取り巻く環境は目まぐるしくなっています。大企業であれば、会計士や公認会計士、税理士などの専門のスタッフを常備している事も珍しくありません。会計制度が複雑になっている背景には、株主が要因となっています。日本企業の株式を多く買う人は外国人です。かつて日本の企業に外国人が介入することはほとんどありませんでしたが、市場の活性化により日本株を所有する外国人や外国企業が増加しています。その結果、利益重視の体制に変更せざるを得ない状況になっているのです。バブル崩壊後はこの傾向が顕著で、それにマッチする会計システムが求められるようになっているのです。国際会計基準の導入や、日本の大規模な税制改正などが行われているのです。

外国資本の影響は大きい

日本の会計制度を取り巻く環境は大きく変化し、公認会計士であってもそのスピードについていけていないのが現状です。昔ながらの会計システムはすでに役に立たないことも多く、常に新しい会計システムが必要になっています。追い付かない部分は手で対応する他ありませんが、最新の情報をいち早く出力できることが会計システムには求められています。連結会計や四半期決算、キャッシュフロー計算書や税効果会計、電子帳簿など、新しい対応に迫られています。今後はさらに国際財務報告基準などの導入が予測されており、会計システムはこれらに迅速に対応できる商品開発が急ピッチで進められています。会計システムの需要はそういった意味でも高くなっているのです。