人事管理も機械化|スマートフォンでも利用できる社内SNSの導入を計ろう
オフィス

スマートフォンでも利用できる社内SNSの導入を計ろう

人事管理も機械化

PCを操作する人

高いセキュリティが大事

社員の数が多くなると社員の人事管理が大変になります。最近ではアルバイトやパートなど雇用状況を問わず、社員情報を管理する必要があります。その理由は、社員マスターと紐づく適切な給与支払いをするために必要なのです。人事管理システムと称してこれを管理する会社が増加していますが、人事管理システムは個人情報が満載の情報です。社内のネットワークとつながっていてもそれとは別途の強固なセキュリティシステムを入れる必要があるのです。人事管理システムに入っている情報は、データとしては非常に高い価値を持っています。特に過去のデータベースと一緒なのであればなおさらなのです。また会社の経理上一番のコスト管理として計上させる人件費情報も兼ねているのです。

利便性を追求

人事管理システムは便利に使用することができます。アルバイトやパートのシフトによる人件費予測は難しく、手作業で行っては時間がかかってしまいます。そのため機械化して自動的にリアルタイムの値を算出できるような仕組みが必要になるのです。そのため人事管理システムには、予定シフトと実績の欄が設けられていることが多く、その予定シフトに対する欠損率や残業率の最近の値を自動的にかけあわせて予測値を算出することが可能になるのです。そのため人事管理システムを導入する際には、経理的計算に利便性も考慮したものを導入することがコスト予測の精度を高めたり、それにかかわるコストを削減させたりするメリットを考慮したうえで導入することが大事なポイントです。